×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

玄米とは

玄米とは、白米のように清白されていない状態の米のことで、そもそものお米の籾から籾殻を除去した状態のこ米のことです。玄米に対して白米に施す精白とは、玄米の状態から糠を取り除くことを言います。そのため、白米に比べて玄米の方がビタミン、ミネラル、食物繊維を含むとして、玄米そのものを好んで食べるひとも多く健康食品として、もしくは、加工されて利用されることも多いのです。玄米(Brown rice)は、精白をしていない分白米に比べて噛みごたえもあり、見た目も茶色ですが、ビタミンなどの栄養分を多く含むということで玄米が見直されていますが、食べにくいと感じる人の中には玄米と白米を混ぜて炊いたり工夫をすることで食べやすくしている人もいます。玄米には、糠が残っている分、糠には農薬や除草剤などの残留物が問題視されている面もあります。しかし、玄米に対する残留農薬検査は行われており、農薬の残留についても定められている使用方法を正しく行えば特に問題はないとされています。また玄米に含まれる米ぬか繊維がダイオキシンなどの有害物質を排泄する作用が強いということです。玄米は、食べ物が豊富な日本においては問題はないようです。あとは、玄米のおいしい炊き方を知っておけば、役に立つでしょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

玄米の炊き方

白米を食べ慣れている現代人にとって玄米をどうやって食べたらいいのかと迷う人も少なくないようです。玄米は白米よりも固いため、白米と同じように炊くより若干変えた方がよさそうです。玄米には早炊きなど白米に行うような急速炊きのようなものは向いておらず、一晩しっかり水に吸水させることがポイントになります。吸水をしっかり行えば普通の炊飯器で炊くこともできます。玄米の固さを払しょくするために圧力鍋などで炊く方法もあります。また、玄米にたっぷりの水を加えて粥にする調理法もあります。玄米100%の場合玄米好きの人にはいいのですが、健康のために少し玄米を取り入れたい、飽きないため、などであれば、白米に玄米を混ぜて炊くと気になりません。その場合白米と玄米を3対1若しくは4対1くらいの比率がいいでしょう。発芽玄米というものもよく耳にしますが、発芽玄米とは、玄米の中でも発芽させた状態で人工的に成長を止めることで玄米に比べて水分量が多いため、玄米でかかる炊飯の手間を省き白米と同じように炊くことができるとされています。栄養成分が多いとされる玄米ですが、発芽玄米ではさらに発芽時の酵素の働きにより栄養成分が増し、炊き方も楽になります。

玄米のおいしい炊き方

玄米のおいしい炊き方のポイントは、しっかり水につけること、また、白米を炊く時よりも若干水を多めにしてもいいでしょう。玄米のままでもおいしいと感じる人はいいのですが、玄米が苦手な人も中にはいます。また、玄米を食べていて飽きる場合もあります。その場合は、玄米にハト麦、小豆、緑豆、粟など数種類の雑穀を加えるとおいしくなります。水分が少ないとぱさぱさになりますので、水は多めにして炊きましょう。玄米を炊飯器で炊いてもいいのですが、そのほか、土鍋で炊いたり、電子レンジで炊いたりすることもできます。電子レンジでの玄米の炊き方は、水をしっかり給水した玄米を容器に入れ、玄米1合に対して水を1.6合加え電子レンジで10〜15分加熱します。一度取り出し、軽く混ぜ、再度10〜15分電子レンジで加熱します。熱湯を100ccほどかけて再度5〜6分加熱し蒸らします。ラップをするといいでしょう。玄米の収穫時期や季節により炊き方も若干異なりますが、玄米を取り入れて食べ慣れてくれば少しずつコツがわかってきます。また、それぞれの固さの好みなどもあるので水の調節をしながらおいしい玄米の炊き方を身につけてください。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 栄養価が高い玄米の炊き方